HOMEへ 公益社団法人 埼玉県柔道整復師会
HOME 利用規約 リンク サイトマップ お問い合わせ

ミニ情報
ミニ情報 > 埼接ミニ情報 第29号

平成18年6月28日
発 行【社】埼玉県接骨師会
総 務 部
埼接ミニ情報 第29号

会長挨拶

療養費算定基準が改正されました。今回の改訂率は前回同様、医科の診療報酬の50%に相当する−0.75%となりました。因みに医科は薬品等を含めて−3.16%の改訂率となっています。18年度に入り、各市町村において地域支援事業が少しずつ動き始めました。さいたま市では柔整師(本会会員)が業務出来る地域支援事業が計画されているようです。本会としても、積極的に支援してまいります。各支部におかれましては、支部長さんを中心に地域支援事業へのご協力をお願い申し上げます。


総務部

五月十四日(日)に行われました本会の「第五十六回定時総会」が埼玉新聞「五月十七日付)に掲載されましたのでお知らせいたします。

新聞記事


保険部


西武健保組合がせいぶけんぽだより(2006 52号)で誤り訂正

西武健康保険組合が柔道整復師の業務内容について、誤ったしおりを発行し、会員からの情報提供により、別紙のような誤りを直ちに正すよう申し入れをいたしました。
西武健保が誤りを認め、第52号のせいぶだよりで訂正した旨の報告書が届きました。

(誤っていたしおり)
◎健康保険が適用になる場合
打撲・捻挫・肉離れ、骨折、脱臼等(通勤途上や勤務中ケガは除く)の応急手当。
その後「接(整)骨院」にかかることへの医師の同意が必要です。

「接(整)骨院」にかかった場合は、必ず明細(負傷名、負傷原因、回数、金額)を確認し署名、捺印するよう決められています。
(第五二号の訂正されたしおり)
◎健康保険が適用になる場合
外傷性の骨折・脱臼・打撲及び捻挫など限られ、慢性疾患は対象外。また、骨折や脱臼については、応急処置を除き、医師が同意した場合にかぎられます。
○運動痛や階段の踏み外し、つまずき等による捻挫や打撲
○ギックリ腰
○肉離れ、骨折、脱臼ほか



平成18年6月1日から療養費の算定基準等の改正について一部改正が実施されました。支給申請にあたっては十分留意願います

1) 初検料、往療料及び再検料について
 
現 行   改 正
初検料 1,270円→   1,240円 (▲30円)
再検料 240円→   270円 (+30円)

往療料(加算額) 2kmを超える毎に800円(16kmまでを)→ 8kmを超える往療料は同額(16kmまで)
2) 備考について
 
現 行   改 正
温罨法料 80円→   75円 (▲5円)

「金属副子」を「金属副子、合成樹脂副子又は副木・厚紙(金属副子等)」 に「大型金属副子」を「大型金属副子等」に「中型金属副子」を「中型金属 副子等」「小型金属副子」を「小型金属副子等」に改める

注 冷罨法は80円で変更はありません




第29回埼接柔道大会並びに第14回埼玉県下少年柔道大会

日整全国柔道大会中関東地区予選会代表選手


日整全国少年柔道大会
荻野義之監督(前列右端)と代表選手



介護検討委員会
さいたま市地域支援事業参入へ具体的検討に入る
本会の重点施策の一つである介護保険への積極的な取組みの一環として昨年8月より、各市町村において、支部長さんを中心として、地域支援事業への参入を模索してまいりました。この度、その成果が現れ、さいたま市で10月より地域支援事業を実施するにあたり、埼接の会員に参画していただきたい旨のコンタクトがありました。
本会では埼玉県下は勿論、全国においても、数少ない先進的な事例となりますので、全面的にバックアップをしてまいりたいと思います。殊にさいたま市の会員の皆様におかれましては、支部長さんを中心として本事業が成功するようご協力をお願い致します。


行事予定

平成18年 7月 9日(日) 中関東柔道大会(茨城県)
平成18年 9月 9日(土)・平成18年12月9日(土) 保険者対策講習会
平成18年10月 9日(祝) 日整全国柔道大会
平成18年11月3日(祝) 埼接ソフトボール大会
平成18年11月 5日(日) 保険業務講習会(市民会館おおみや)
平成18年11月12日(日) 埼接学術講演会・研修会
平成18年12月 2日・3日(土・日) 機能訓練指導員講習会(さいたま市コミニュティ−センター)
平成19年 3月11日(日) 関東学会(山梨県)


←ミニ情報トップへもどる


このページのトップへ
Copyright (c) Saitama Judo Therapist Association, All Rights Reserved.