HOMEへ 公益社団法人 埼玉県柔道整復師会
HOME 利用規約 リンク サイトマップ お問い合わせ

季節別運動方法

季節別運動方法イラスト 日本には四季があり、季節によっていろいろなスポーツを楽しめるすばらしい環境を持っています。ただし年間の温度差が激しく、体をスムーズにコントロールできないと”ケガ”となります。

また日常生活では、座り続ける作業 ・同じ姿勢での作業が多く、”関節の運動範囲”をすべて使う動作はありません。

筋肉が伸びず、関節も固まります。スポーツを行うには、筋肉が十分な伸縮性を保ち、関節が柔軟なことが必要です。普段から関節の動きを確かめた”ストレッチングでコンディショニング”を行って下さい。

筋力を増やすだけがトレーニングではありません。 (社)埼接会員の接骨院 / 整骨院を受診の際、運動の方法などもお尋ね下さい。

通称”寝ちがい・ギックリ腰” みなさん一度くらいは経験があるのでは?スポーツ・日常生活で、つまずいて体勢を崩す・急いでいて人や物に衝突してしまうなど、けっこう多いものです。

はじめは首・背中・腰などに、軽い痛みを感じます。筋肉痛や年齢のせいだと思い、様子を見る人が多く、問診により原因に気づく患者さんをよく診ます。

特に何回も痛くなっている人はご注意下さい!

暖かくなるのはもう少し、寒い日も風の強い日もあります。体調の変化が激しく、体の動きが日によって違う時期です。年度が替わり、いろいろな行事で外出が多くなり、行動範囲が広くなる季節です。

就職 ・ 転勤 ・入学をするため、引っ越しをする方も多いでしょう。 家庭では植木の手入れ・庭をきれいにガーデニング、やりたいことは山ほどあるでしょう。そんな急に動き回って大丈夫ですか。せわしなく ”小さな呼吸” は、体内の酸素量が不足して、筋肉の働きがにぶくなります。肺の中に溜まっている空気を出し、酸素を多く取り込めるように”いきぬき” をしましょう。

中学校・高校へ入学したお子さんは、ステップ・アップした部活動が始まり、今まで以上に体力を使うトレーニングになるでしょう。 上級生も大会に向けて練習がハードになります。筋肉痛と思っていても、関節の障害で痛む場合もあります。異状を感じたら早めにご相談下さい。

冬の間冬眠していた、体中の関節を動かしましょう。

夏は長期のお休みもあり、水泳をはじめいろいろなスポーツを楽しめる季節です。接骨院にも真っ黒に日焼けした子供達がたくさん来ています。

夏のスポーツで特に気をつけなければいけないのは、炎天下や特に温度が高い室内で行うスポーツによくみられる熱中症です。熱中症にならないためにはスポーツ時に十分な水分を摂ることです。昔は練習の途中で水を飲むのはいけないと言われた時期もありましたが、現在では喉の渇きを感じない程度に頻繁に少しずつ水分を摂取するのがいいと言われます。また、特に塩分をはじめ多くのミネラルを含むスポーツ飲料の摂取が理想的でしょう。

また、ダイエットに励むお母さん方も十分な水分をとりながら運動しましょう。この熱い時期にサウナスーツを着て、大汗をかきながらウォーキングしている女性を時々見かけますが、苦しいだけで効果的なダイエットとは決して言えません。水分を摂りながらの運動のほうがはるかにに脂肪の燃焼効率がいいと言われています。汗をかいて少し体重が落ちても、それは脂肪が減少したことにはなりません。十分気をつけましょう。また、運動の後には十分な休養と栄養の補給も忘れないようにね。

スポーツの秋といわれ、各地で運動会が行われる時期です。

特に普段運動不足のお父さん、お母さん、子供の前でいいところを見せようとして大きな怪我をしないように気をつけて下さい。

接骨院を訪れる患者の中にも町会の運動会や子供の学校の運動会に参加し怪我をしてしまった人がいらっしゃいます。走っていてアキレス腱を切ったり、転倒して手首を骨折したり様々な怪我があります。

しかしこんな大きな怪我でなくて、殆どの人が経験するものにいわゆる「筋肉痛」があります。運動会に参加した翌日または翌々日、おしりやモモの筋肉が痛くて駅の階段の登り降りが辛かった経験はありませんか。

筋肉痛は普段使わない筋肉を急に使ったために起こるので、普段から運動をしている人にはあまりありません。予防法としては運動の前後の筋肉のストレッチをお薦めします。ストレッチは時間を十分かけてゆっくり行って下さい。よくテレビで大リーグの選手達が、試合前グランドに寝そべり談笑しながらストレッチをしている姿が映し出されます。あのようにリラックスした状態で目的の筋肉をじわじわと十分時間を掛けて伸ばすのがいいと言われています。特に普段運動不足のお父さん達は、運動後のストレッチを必ず行って下さい。その方法についてはかかりつけの接骨院の先生に聞けば詳しく教えてくれます。健康な状態でこの季節の運動を楽しみましょう。

外は寒くこたつが恋しい季節です。あまり長く入っていると腰が伸びなくなりますよ!長時間座っていることで、腰が丸くなり前屈位歩行の原因となります。ひじょうに不安定で転びやすく、いろいろなところが痛くなる歩行です。”体を伸ばす体操”が大切です。

最近は、スノー・ボードのケガがとても多いですね、強くひねる・転倒して尻もちを衝くなど、尾骨〜脊柱全体(腰〜頸)に軸圧が加わり捻った障害です。若い方が多く筋力が強いためか、受傷して ”すぐに自覚症状がでない” 場合もあります。中には体全体が固まって動けない状態となり、来院する方もおります。”あまり我慢”しないほうがいいでしょう。

気温の低い屋外のスポーツ・寒い体育館でのスポーツ、待ち時間には「柔軟体操」を心がけましょう。ケガをしても軽くすむ場合があります。

このページのトップへ
Copyright (c) Saitama Judo Therapist Association, All Rights Reserved.