HOMEへ 公益社団法人 埼玉県柔道整復師会
HOME 利用規約 リンク サイトマップ お問い合わせ

トピックス

第35回埼玉県選抜少年柔道指導者大会実施要項


主  催 (社)埼玉県接骨師会
  後  援 埼玉県、埼玉県柔道連盟
  主  管 (社)埼玉県接骨師会事業部
日  時 平成24年5月27日(日)
開 場    9時00分
開会式   10時00分
会  場

北本市体育センター

大会目的 会員相互の親睦を図り、以て地域柔道の普及発展、体位向上に資することを目的とする。
参加資格 (社)埼玉県接骨師会会員であり、全日本柔道連盟に登録されているものとする。
種  目 (年代別個人試合)
(1) 年齢別試合とし選手年齢は日整全国柔道大会当日の満年齢を以て決する。
(2) 20歳代、30歳代、40歳代、50歳代の部とする。
(3) 参加人数により組合せを変更し、年代別を統合する場合もある。当該年代の選手には1ランク下の年代に出場出来る。
(4) 本大会は日整全国柔道大会予選・中関東柔道大会の選手選考を兼ねるものとする。また本部選考委員により、昨年までの成績を考慮し、中関東柔道大会出場選手とし推薦する事が出来る。
試合方法
(1) 国際柔道連盟試合審判規定・大会申し合せ事項によって行う。
(2) 試合時間は3分間。
(3) 優勢勝ちの判定基準は、「有効」又は「指導2」以上。
両試合者得点差がない場合、延長戦は行わず旗判定で決定する。
(4) 日整全国柔道大会に併せる為、変更する場合もある。
(5) 試合は原則としてトーナメント方式で行う。ただし、参加人数によりリーグ戦となる場合もある。
(6) その他、不測の事態が生じた場合の処置は実行委員長に一任する。
審 判 員 全日本柔道連盟公認ライセンスを有するものを選任し委嘱する。
表  彰
(1) 1位、2位、3位(2名) を表彰する。ただし、参加人数が7名以内の場合は、1位、2位のみを表彰する。
(2) 参加者全員に参加賞を贈る。
10 そ の 他
(1) 選手全員傷害保険(主催者負担)に加入する。
(2) 本大会は埼玉県柔道連盟公認試合とする。
(3) 組合せは(社)埼玉県接骨師会事業部の責任で行う。
(4) 選手は柔道着を着用し開会式、閉会式に参加すること。



第20回埼玉県下少年柔道大会実施要項


主  催 (社)埼玉県接骨師会
  後  援 埼玉県、埼玉県柔道連盟
  主  管 (社)埼玉県接骨師会事業部
日  時 平成24年5月27日(日)
開 場    9時00分
開会式   10時00分
会  場

北本市体育センター

大会目的 柔道整復師および柔道整復術とはどういうものか理解を深めてもらうため柔道を通して、業と柔道、怪我の予防、骨格形成、体の機能、構造等を勉強する場を提供することを目的とする。
参加資格
(1) 埼玉県柔道連盟を通し全日本柔道連盟に登録している団体、個人道場、倶楽部であり、当接骨師会の会員が指導にあたる小・中学生(県内中学校在籍)であること。
(2) 学齢が適齢であること。
(3) 1団体各部2名までの参加を認める。
(4) 出場選手はゼッケン着用のこと。(中学生は学校名でもよい)
種  目 小・中学生個人試合
(1) 小学生学年別個人試合(男女をとわない)
【1】 1年生の部 【2】 2年生の部 【3】 3年生の部
【4】 4年生の部 【5】 5年生の部 【6】 6年生の部
(2) 中学生男子学年別個人試合
【1】 1年生の部 【2】 2年生の部 【3】 3年生の部
(3) 中学生女子個人試合
【1】 1年生の部 【2】 2・3年生の部
試合方法
(1) 国際柔道連盟試合審判規定「少年大会申し合わせ事項」・大会申合わせ事項によって行う。
(2) 試合時間は小学生2分間、中学生3分間とする。
(3) 優勢勝ちの判定基準は、「有効」又は「指導2」以上。
両試合者得点差がない場合、延長戦は行わず旗判定で決定する。
(4) 日整全国少年柔道大会に併せるため変更する場合もある。
(5) 試合はトーナメント戦で行う。1位、2位、3位(2名)を決定するが、日整全国少年 柔道大会選手選考(小学4年生、5年生、6年生の部のみ)のため、補欠の順位決定戦は実施する。
(6) 選手の変更は開会式前までに申し出ること。
(7) その他不測の事態が生じた場合の処置は実行委員長に一任する。
審 判 員 全日本柔道連盟公認ライセンスを有するものを選任し委嘱する。
表  彰
(1) 1位、2位、3位(2名) を表彰する。
(2) 礼儀正しく模範となる試合を行った選手に「さわやか賞」を与える。
(3) 参加者全員に参加賞を贈る。
10 そ の 他
(1) 組合せは(社)埼玉県接骨師会事業部の責任で行う。
(2) 選手全員傷害保険(主催者負担)に加入する。



このページのトップへ
Copyright (c) Saitama Judo Therapist Association, All Rights Reserved.